二日酔い防止

「昨日は飲みすぎた」と気だるそうに出社してくる方を見る事はよくありますね。会社などではおなじみの光景だといえます。


前日にどれだけの酒量を飲んだかにもよりますが、基本的に二日酔いはアルコールが分解されきれず血中に残っているのではなく、アルコールが代謝され発生した"アセトアルデヒド"が体内に残っている事で様々な症状が引き起こされます。


この"アセトアルデヒド"は毒性が非常に強い物質で、通常は肝臓で酢酸へと代謝されて体外に排出されるのですが、身体の処理能力を超える量の酒を飲むと代謝が遅れてしまいます。
また分解する肝臓の機能が弱っていたり、体外に排出させる腎臓の機能が弱る事でも"アセトアルデヒド"は翌日まで体内に残ってしまうため、年齢を重ね機能が弱ると共にお酒が飲める量少なくなってしまうのです。


一般的に言われている「二日酔い防止」には"ウコン""シジミ汁"などが有効とされており、それと同様の効果が期待できる「びわ茶」にも注目が集まっています。


この「びわ茶」には肝臓や腎臓などの活動を活発化させる働きがあるため、許容量を越えたアルコールに対してもしっかりと機能を維持させたまま分解する事ができ、尿として外に排出させることができるのです。


お茶として飲む事で、肝臓が分解する際に必要となる大量の水分も同時に摂取する事ができますので、「二日酔い防止」には非常に高い効果が期待できます。
もちろん「二日酔い防止」としては飲みすぎない事が重要ですが、それをカバーするのに「びわ茶」は非常に有効だといえます。