ノンカフェインのお茶

「カフェイン」というと眠れなくなる、つまり「不眠」が一番の頭に浮かぶのではないでしょうか!

カフェインというとコーヒーに多く含まれているように思えますが、紅茶、お茶にも
多く含まれており、寝る前のカフェインの摂取は控えた方がいいでしょうね。
ほかに寝る前にお茶を飲むとトイレが近くなるとよくいわれてます。
これも「カフェイン」の利尿作用の影響です。

「眠気を覚ます」ということでので長距離運転で飲用されることが多いカフェインですが、
反面、利尿作用もありますので、高速道路など飲用されるのであれば
コーヒーなどの飲み物、水分より「ガム」のようなものでカフェイン摂取するのがいいかもしれません。


ほか「カフェイン」は劇薬として取り扱われることもあります。
特に法律で飲用を制限しているようなものではありませんが、過剰摂取はカラダに影響があり、
妊婦の方や高血圧の方などは、交感神経に影響があり、興奮状態になるので、医師と相談されるのがいいでしょう!

「カフェイン」は良くも悪くも体に影響があります。
怖いのは「カフェイン中毒」と呼ばれる「中毒症状」でしょう。
ひどい方はと吐き気や嘔吐などの症状もあるそうですので、このような方は意思に相談される
ことがいいかと思います。

最近は、びわ茶のようにノンカフェイン茶も多く売られています。
「カフェイン」「ノンカフェイン」の飲み物を上手に飲用するようにするとメリットがあるのではないでしょうか?

妊娠中のお母さんが一番気にするものに食事があると思います。
食べる食事の中で高カロリーの食べ物を避けたり、特にお腹の赤ちゃんに影響の
あるものはなるべく食べないように気を使っているのではないでしょうか?

 

食事だけでなく、妊婦は水分補給も大切で普段飲んでいる飲み物、コーヒー、紅茶
その中に含まれる「カフェイン」も気になります。

 


お母さんからの栄養分はへその緒や胎盤から直接を送ります。
その栄養分はお母さんが食べたものはそのままお腹の赤ちゃんに送られていくのです。
お母さんが摂取したカフェインはののママの濃度で赤ちゃんに行き、赤ちゃんは臓器などがまだできていないので「カフェイン」が赤ちゃんの体内に残ってしまうのです。

 


これらの顔とを考えると、お母さんが食べもの、飲み物に気を使うのがわかります。

 

 

「カフェイン」の影響として、落ち着きがなくなる、イライラしやすい子供が生まれると
言われています。
妊娠中だけではなく、生まれてからの成長期にも影響があるとなる時になりますよね!

 


妊娠中は「カフェイン」の摂取を抑え、びわ茶などのノンカフェインの物がいいのかも知れません。
また、びわ茶にはミネラルが多く含まれるのでオススメです。


 

 

最近お茶は流行りなのでしょうか!
一昔前は、ペットボトルでお茶を飲むということは考えられませんでした。

 

お茶に缶コーヒーと同じ代金を払うなんてね!

 

お茶にかぎらず、水、ミネラルウォータもペットボトルで売られ、お茶と同様に売れていますからね。
そのお茶や水が売れる中には、最近は健康志向があるのではないでしょうか?
コーラや缶コーヒーなどには糖分がが多く含まれ、メタボや糖尿病などを引き起こします。


 

そのため、カロリーゼロのコーラが売れ、微糖のコーヒー、ブラック、

その延長にお茶、ミネラルヲーターがあるのでしょか?(健康目線から???)

 

さらに健康に気になる人は、「ノンカフェイン茶」を選んだりするのでしょう!

 

「カフェイン」少量の摂取では特に体に悪影響はありません。、しかし逆に特に体に良い影響があるというものでもありません。
しかし、少量なら良いというものではなく、体質もあるでしょが、お茶やコーヒーを飲んで寝れなくなるなど影響がある方も少なくありません。

 

特に妊娠中・授乳中の女性の方や、お年寄り、病気中の方、小さなお子さん摂取するには注意が必要になってきます。

 

そんな方に当サイトでおすすめしている、びわ茶を含む「ノンカフェイン茶」です。

 

その他のノンカフェイン茶で有名なのに ルイボスティー茶などがあります。
それ以外にも柿の葉茶、どくだみ茶や、黒豆茶や小豆などの豆類が原料のお茶など!

 

びわ茶の効能も健康にも良いと愛飲している人も多いですが、これらのノンカフェイン茶には
ミネラルも豊富で(カルシウム・マグネシウム・鉄分)医療機関などでも飲用を薦めるところもあるようです。