妊娠のカフェイン摂取!

妊娠中のお母さんが一番気にするものに食事があると思います。
食べる食事の中で高カロリーの食べ物を避けたり、特にお腹の赤ちゃんに影響の
あるものはなるべく食べないように気を使っているのではないでしょうか?

 

食事だけでなく、妊婦は水分補給も大切で普段飲んでいる飲み物、コーヒー、紅茶
その中に含まれる「カフェイン」も気になります。

 


お母さんからの栄養分はへその緒や胎盤から直接を送ります。
その栄養分はお母さんが食べたものはそのままお腹の赤ちゃんに送られていくのです。
お母さんが摂取したカフェインはののママの濃度で赤ちゃんに行き、赤ちゃんは臓器などがまだできていないので「カフェイン」が赤ちゃんの体内に残ってしまうのです。

 


これらの顔とを考えると、お母さんが食べもの、飲み物に気を使うのがわかります。

 

 

「カフェイン」の影響として、落ち着きがなくなる、イライラしやすい子供が生まれると
言われています。
妊娠中だけではなく、生まれてからの成長期にも影響があるとなる時になりますよね!

 


妊娠中は「カフェイン」の摂取を抑え、びわ茶などのノンカフェインの物がいいのかも知れません。
また、びわ茶にはミネラルが多く含まれるのでオススメです。