眠気覚ましにコーヒーを飲むという習慣は全世界で共通して存在します。
コーヒーに含まれるカフェインには強心作用や興奮作用があり、眠気覚ましだけでなく気分を爽快にする事もでき、コーヒーなど元来より含まれているものだけでなく、清涼飲料水や栄養ドリンクなど幅広く配合され販売されています。

 


しかし以前よりこのカフェインを摂らない・摂りたくないという方も非常に多くおリ、コーヒーショップの中には"ノンカフェイン(デカフェ)"のメニューを取り揃えているところもあります。
とりわけヨーロッパやアメリカなどではコーヒーショップには必須のカテゴリーであり、デカフェのメニューに大変な人気が集まっているといいます。

 


なぜ摂りたくないのか、日常的に広く摂取している物質ではあるものの実は少なからぬ副作用があり、妊娠中の摂取を控えるよう医師から指示される事もあります。


脳神経系に作用するという点で言えば禁止薬物とあまり違わないので、健康への悪影響を考えて避けるケースが海外を中心に非常に多いのです。
また国内でもこうした動きが加速しており、特に"お茶"と名が付く製品にも気をつける方が増えているのです。

 


確かに日本茶などは含有量が多いのですが、「びわ茶」の場合はカフェインはまったく含まれていません。
小さな子供でもまた妊娠中の方でも気にすることなく「びわ茶」は飲めますので、これからさらにびわ茶人気が広がるものと考えられています。

トラックバック(0)

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://dzl02676.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/124

コメントする